家庭の化学

化学は身近にある面白い事♪

化学は身近にある面白い事♪


子供用シロップのメモリの計り方

子供用シロップのメモリの量り方を
画像で説明します。

syrop001.jpg
このようにメモリ付きの容器に
シロップが入っている場合


syrop002.jpg
こんな感じで、はしっこのほうが
もりあがってたりして
上の線で見ればいいのか
下の線で見ればいいのか悩みます。


syrop003.jpg
正解は、下の線を基準にすれば良いです。



ひらめきなぜ下の線を基準にするのか

液体は、表面張力っていう力を持っているので
こういった容器に入ると
はしっこがひっぱられて、図のような状態になってしまうんですね。

syrop001.jpg


元の液体の量そのものは、下のラインのまであって
はしっこがひっぱられたので
ちょっと上に見えるようになっています。



これでもう子供用シロップの量を
メモリのどの線で見ればいいかわかりましたね?(笑)

もちろん、平らな机などの上で計量するのが
大前提ですので
手に持って計ってはいけません。

家庭の化学

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。