家庭の化学

化学は身近にある面白い事♪

化学は身近にある面白い事♪


暖かいお湯は上にくる

お風呂の上のほうだけ火傷するくらい熱くて
お風呂の下のほうだけ風邪ひくくらい冷たかった経験は
ありませんでしょうか。

特に、沸かすタイプのお風呂だと
そういう経験があると思います。

実はお水に限らず、液体のものは
あったかいものが上に来るようになっています。

なので、よーく思い出してください。

てんぷら油のお鍋に火をかけると
下のほうからモヤモヤ〜って油が上ってくるように
見えますよね?


実はこれは、液体だけではなく
気体もそうなんです(笑)

エアコンの冷たい空気は下にきますので
足だけ冷えるってことがよくありますし
ストーブの暖かい空気は上に行きますので
頭だけボーっとすることもよくあります。


この原理を、対流というんですが
これを知っていることによって
色々家庭に活用できるんですね。



家お風呂に入る前は下からかき混ぜる

下のほうには、冷たいお湯(?)がありますので
下のほうからすくうようにしてお湯をかき混ぜてあげると
すぐに均一の温度に混ざります。



家エアコンの噴出し口は上のほうを向ける

部屋全体を冷やして、部分冷えを防ぐには
エアコンの噴出し口を上のほうに向けてあげます。
冷たい空気は自然と下におりてきますので
部屋が均一に冷えていきます。



ストーブは……、危ないので(笑)
噴出し口とかは下に向けず
扇風機などを使って空気を上から下へ
循環させてあげてください。
また、石油ストーブ、ガスストーブのように
火をたいて温めるタイプのものは
一酸化炭素中毒を防止する意味で
ある程度したら換気を必ずしてください。



続きを読む

家庭の化学

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。