家庭の化学

化学は身近にある面白い事♪

化学は身近にある面白い事♪


冷凍食品はいつまで食べられるのか

冷凍庫の中を整理してると
いつ買ったかわからない古い冷凍食品が
でてくることがあります。

↓こういうの(笑)
ebipirahu3.jpg

冷凍してあるから大丈夫……

本当に大丈夫なんでしょうか?


大丈夫かどうかは、まず食べ物が腐る原理から
知る必要があります。



家どうして食べ物が腐るのか?
人間が食べるものは、野菜や肉や魚です。

野菜は収穫したあと、肉や魚は食用にしたあと
時間がたつと腐っていきます。

野菜も肉も魚も生きてるときには腐らないんですが
死んだあとは腐敗のモトをやっつける力がなくなるので
腐ってしまうんです。

この腐敗のモトは、糖分やたんぱく質を栄養にして
どんどん増えていき、臭いガスを出したり
人間にとって毒なものを生み出したりします。

だから腐ったものを食べるとお腹こわすんですね(笑)


そして、その腐敗のモトというのが
腐敗担当の※細菌です



家細菌は-18度以下では活動できない

細菌といっても、生き物なので(笑)
熱くすれば死にますし
寒くすれば凍ってしまいます。
(正確には活動を停止する)

その凍ってしまう温度が
-18度なんです。




家冷凍庫の奥から出てきた冷凍食品は腐らない?
厳密に言えばNOです。

冷凍食品の製造・運搬・陳列においては
一貫された温度管理がされているので
お店に並んでる状態まではほぼ腐りません。

ただし、家の冷凍庫の場合、数日に数回は
開け閉めしますので
そのときに冷凍庫の中の温度が上がってしまいます。

-18度よりもあがってしまうと
細菌が活動しはじめてしまいます。

もっとも、ドアの開け閉めで温度が上がるといっても
すぐに溶けちゃうほど温度が上がるわけではないので
細菌の活動もそれほど活発には無理ですが(笑)



家いつまで食べられるの? 冷凍食品
家庭用冷蔵庫の冷凍室にしまってある冷凍食品は
そのドアの開け閉めの頻度にもよりますが
購入後2〜3ヶ月くらいで食べるのが無難です。

いつ買ったかわからない冷凍食品?
やめておいたほうがいいですよ(笑)

※細菌

家庭の化学

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。