家庭の化学

化学は身近にある面白い事♪

化学は身近にある面白い事♪


人間の体は化学で出来ている

人間の体の98%は化学で出来ています。

体力がなくなったら眠くなりますし
時間がたてばお腹が空きます。

旬の食べ物を食べればおいしいと感じますし
不摂生な生活をしてれば風邪をひきます。


これらは、すべて化学です(笑)


化学……と、聞くとどうしても
化学式の記号やらアルファベットやらを思い出して
イヤ〜な気分になる人も多いと思うんですが
そんな記号なんて知らなくたっていいんです(笑)

化学の原点は「なぜそれがそうなるのか?」を
知るところにあります。

どうして旬の魚を食べるとおいしいのか?
考えたことはありますか?


小さな子供は、お父さんやお母さんに
「なんで○○は○○なの?」と
よく聞きます。

小さな子供は、立派な化学者だと私は思います。

大人の場合、「それが当たり前」と結果だけを見てしまうために
その原点を知ろうとする事が少ないのです。

秋にサンマがおいしいのは当たり前……

たしかにそうです。
けど、どうして秋のサンマがおいしいのでしょう?
「旬だからおいしいのは当たり前」

たしかにそうです。
けど、どうして旬の魚がおいしいのでしょう?


どうして旬の魚がおいしいのかわかれば
旬ではない魚もおいしくさせることができるかもしれません。

これが化学です。

そして、人間がおいしいと感じることができるのは
舌で感じる、味覚と
鼻で感じる、嗅覚にあります。

さぁ、あなたは思いませんか?
「どうして食べ物を口に入れると味がするんだろう?」と。



追記を見る

家庭の化学

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。