家庭の化学

化学は身近にある面白い事♪

化学は身近にある面白い事♪


麹菌から生まれたいきいき酵素について調べてみた

sapuri1.jpg

サプリメントはある特定の食品や栄養群などを
効果的に摂取できる便利なものですが
ブルーベリーのように、そもそも化学的根拠がない効果をうたって
販売されているものもあります。
そこで、リピーター続出の人気のサプリメント、
「麹菌から生まれたいきいき酵素」のサプリメントについて
化学的な視点で調べてみました。


sapuri2.jpg

ひらめきそもそも酵素とは
最初に発見されたのはアミラーゼという唾液に含まれる酵素でした。
あのご飯をもぐもぐしてるとだんだん甘くなってくるアレですね。
また、タンパク質から構成されるので、タンパク質と同様に
熱に弱かったり、酸に弱かったりします。
といっても例外もあり、胃酸の中に含まれるペプシンの最適pHは1.5とされており
かなりの強酸の中でも安定します。
酵素は、昔から日本食にかかせない保存食などに使われてきました。
たとえば味噌や醤油、酒などの発酵食品には麹や麦芽などが使われています。


ひらめき麹とは
麹とは、米、麦、大豆などの穀物にコウジカビなどの食品発酵に有効なカビを中心にした
微生物を繁殖させたものです。
麹菌から生まれたいきいき酵素のサプリメントは、酵素の元である麹を直接
サプリとして摂取するため、新鮮な酵素が得られるという仕組みなのでしょう。
(原材料名に多穀培地麹菌と記載がある)


ひらめき麹菌から生まれたいきいき酵素サプリメントとは
パンフレットを見るとこのような記載があります。
「体内の酵素のほとんどが消化酵素に使われてしまい、代謝酵素が不足しがち。
生き生きと輝き、美しい体型をNIHONDO の酵素がサポートします」
先ほど酵素とはの部分で触れたのは消化酵素でした。
では、代謝酵素について調べてみることにします。


ひらめき代謝酵素とは
消化酵素で栄養素がエネルギーになったら、それを使って新陳代謝を行うのが
代謝酵素と呼ばれています。
つまり新陳代謝にかかわる酵素ということになりますね。
老廃物の排出、肌の新陳代謝などにかかわる重要な酵素と考えられます。
しかしながら、消化酵素を大量に消費するようなこと(例えば多量の食事や、脂っぽいものの摂取など)を
行うと、本来使うべきだった代謝酵素まで消化酵素に使われてしまうため
近年の欧米化した食生活では代謝酵素が足りない、ということになりかねません。


ひらめきサプリメントを使って効果的に不足分を摂取しよう
sapuri1.jpg
逆説的になりましたが、そこで出てくるのが酵素サプリメントです。
酵素サプリは各社から色々出ているのですが
今回ご紹介するのは、薬日本堂の
「麹菌から生まれたいきいき酵素」です。
合成保存料・着色料無添加という、体に安心な作り方をされているメーカーさんで
百貨店さんでも店舗をかまえ販売しているという実績もあります。
他のサプリメントよりもやや割高感がありますが、変なものが入っていても困りますから
そこは質の良いものを選びたいですよね。
今は7日間トライアルのパッケージも販売されているので
飲みにくいかどうか、毎日続けられそうかどうか試す意味で
こちら購入してみてはいかがでしょうか。

「麹菌から生まれたいきいき酵素」

家庭の化学

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。