家庭の化学

化学は身近にある面白い事♪

化学は身近にある面白い事♪


本当に怖い話

それは……

私が中学生の頃の話です。



教育実習でやってきた理科の先生が
とんでもないことを教えてくれたのです……。

今思い出すだけでも恐ろしい話です。

心臓に毛が生えてる人だけ、続きを見てください……。



なんて、かなり冗談です(笑)

たしかに身の毛がよだつ話ではあるんですが
それほど怖い話じゃないんで
気楽に読んでください(笑)



その先生はこんなことを教えてくれたんです。
「においっていうのは、鼻の粘膜で感じるものです。
空気中にある物質が、鼻の粘膜にくっついて
それが脳みそに、においの信号となって伝わると
○○のにおい ってわかるんです」

ここまでは、「へー」程度の内容です。
だから何? みたいな。

その先生はさらに話を続けました。
「ちなみに、人間が出すおならに含まれるガスは
メタンガスといって無色透明無味無臭です」

メタンガスもライターの火を近づければポンっと燃えます。

「無味無臭です」


……無臭?


でも、思い出してください。
おならって臭いですよね。

おならはガスだと思ってたんです。
そして、それはメタンガスだと先生は
教えてくれました。

しかし、メタンガスは無臭……



じゃあ、においの元は何?


「……空気中にある物質が、鼻の粘膜にくっついて……」
物質が鼻の粘膜にくっついて……

おしりから出るおならには
メタンガス以外に何かが含まれている?!
そしておしりから出るものといえば……!!



これ以上は怖くて書けません……。

どうかくれぐれも、ペットの鼻先におしりを向けて
放屁などしないことを祈ります。

家庭の化学

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。