家庭の化学

化学は身近にある面白い事♪

化学は身近にある面白い事♪


クッキーやお菓子を長くしけらせない方法

製菓を趣味にしてる人などは、保存用のシリカゲルを大量所持してたりするので
お菓子がしけって困るということはあまりないのですが。

そもそもお菓子は作らないし、買うし、っていう人の場合
封を開けたらそのまま食べきるか、しけらないうちになんとか食べきるか
数人で分けて食べきるかしないとしけってしまって
おいしくなくなってしまいます。

そこで今回は、クッキーやおせんべい、スナック菓子などの
しけらない方法をご紹介しましょう。
(個別密封してシリカゲル同梱が手軽だけどコスパ高い)

ひらめきクッキーやお菓子を長くしけらせない方法
1.もろもろの事情で開封してしまったお菓子を用意(?)します。
anylock01.jpg

2.そこそこ強度のあるポリ袋に入れなおしてやります。
 写真はAnylock Original Bag です。かなりの量が入ります。
anylock02.jpg

3.袋を「やまおり」にして
anylock03.jpg

4.Anylock という密封ジッパーのガイドを突き刺し
anylock04.jpg

5.「通すだけ」で密封完了です。
anylock05.jpg

6.あとは基本的に湿度が低い冷蔵庫に入れておけば
 かなりの間しけることなくおいしく召し上がれます。
anylock06.jpg

Ziplock とかでもいいんですけど、あれ、密封するのに結構手間がかかるので
(チャックをしめても入れ違ってしまいなかなか緑色になってくれない)
このAnylock の「やまおりにして通すだけ」っていう手軽な密封ジッパーを
お気に入りで使っています。

ダイエットとかしてる人でも、おやつは100Kcal くらいは取りたいですから
適切に保存が可能な自分にあったジッパーを用意して、100Kcal を目安に
おやつを召し上がるといいですよ。イライラしなくなりますし。
しけらなければ、しばらくはおいしくいただけますしね。

このAnylock あまりスーパーとかでは売られていないので
Amazon とかで買うのが送料無料でいいです。


長さが2号・3号・4号・5号とあるんですが
2号は、お米の5kg の袋とか綴じれます。
3号はポテチの袋とか綴じれます。
4号はレトルトの袋とか綴じれます。
5号は10センチと短いので、ナナメ刺しして使うのに向いてます。

管理人は2.5kg のブランド強力粉を数種類買ってるので
強力粉の品名のシールが貼ってあるままの袋をAnylock で綴じて
冷蔵庫で保管するんで、2号サイズを愛用しています。


家庭の化学

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。