家庭の化学

化学は身近にある面白い事♪

化学は身近にある面白い事♪


麹菌から生まれたいきいき酵素について調べてみた

sapuri1.jpg

サプリメントはある特定の食品や栄養群などを
効果的に摂取できる便利なものですが
ブルーベリーのように、そもそも化学的根拠がない効果をうたって
販売されているものもあります。
そこで、リピーター続出の人気のサプリメント、
「麹菌から生まれたいきいき酵素」のサプリメントについて
化学的な視点で調べてみました。


sapuri2.jpg

ひらめきそもそも酵素とは
最初に発見されたのはアミラーゼという唾液に含まれる酵素でした。
あのご飯をもぐもぐしてるとだんだん甘くなってくるアレですね。
また、タンパク質から構成されるので、タンパク質と同様に
熱に弱かったり、酸に弱かったりします。
といっても例外もあり、胃酸の中に含まれるペプシンの最適pHは1.5とされており
かなりの強酸の中でも安定します。
酵素は、昔から日本食にかかせない保存食などに使われてきました。
たとえば味噌や醤油、酒などの発酵食品には麹や麦芽などが使われています。


ひらめき麹とは
麹とは、米、麦、大豆などの穀物にコウジカビなどの食品発酵に有効なカビを中心にした
微生物を繁殖させたものです。
麹菌から生まれたいきいき酵素のサプリメントは、酵素の元である麹を直接
サプリとして摂取するため、新鮮な酵素が得られるという仕組みなのでしょう。
(原材料名に多穀培地麹菌と記載がある)


ひらめき麹菌から生まれたいきいき酵素サプリメントとは
パンフレットを見るとこのような記載があります。
「体内の酵素のほとんどが消化酵素に使われてしまい、代謝酵素が不足しがち。
生き生きと輝き、美しい体型をNIHONDO の酵素がサポートします」
先ほど酵素とはの部分で触れたのは消化酵素でした。
では、代謝酵素について調べてみることにします。


ひらめき代謝酵素とは
消化酵素で栄養素がエネルギーになったら、それを使って新陳代謝を行うのが
代謝酵素と呼ばれています。
つまり新陳代謝にかかわる酵素ということになりますね。
老廃物の排出、肌の新陳代謝などにかかわる重要な酵素と考えられます。
しかしながら、消化酵素を大量に消費するようなこと(例えば多量の食事や、脂っぽいものの摂取など)を
行うと、本来使うべきだった代謝酵素まで消化酵素に使われてしまうため
近年の欧米化した食生活では代謝酵素が足りない、ということになりかねません。


ひらめきサプリメントを使って効果的に不足分を摂取しよう
sapuri1.jpg
逆説的になりましたが、そこで出てくるのが酵素サプリメントです。
酵素サプリは各社から色々出ているのですが
今回ご紹介するのは、薬日本堂の
「麹菌から生まれたいきいき酵素」です。
合成保存料・着色料無添加という、体に安心な作り方をされているメーカーさんで
百貨店さんでも店舗をかまえ販売しているという実績もあります。
他のサプリメントよりもやや割高感がありますが、変なものが入っていても困りますから
そこは質の良いものを選びたいですよね。
今は7日間トライアルのパッケージも販売されているので
飲みにくいかどうか、毎日続けられそうかどうか試す意味で
こちら購入してみてはいかがでしょうか。

「麹菌から生まれたいきいき酵素」

クッキーやお菓子を長くしけらせない方法

製菓を趣味にしてる人などは、保存用のシリカゲルを大量所持してたりするので
お菓子がしけって困るということはあまりないのですが。

そもそもお菓子は作らないし、買うし、っていう人の場合
封を開けたらそのまま食べきるか、しけらないうちになんとか食べきるか
数人で分けて食べきるかしないとしけってしまって
おいしくなくなってしまいます。

そこで今回は、クッキーやおせんべい、スナック菓子などの
しけらない方法をご紹介しましょう。
(個別密封してシリカゲル同梱が手軽だけどコスパ高い)

ひらめきクッキーやお菓子を長くしけらせない方法
1.もろもろの事情で開封してしまったお菓子を用意(?)します。
anylock01.jpg

2.そこそこ強度のあるポリ袋に入れなおしてやります。
 写真はAnylock Original Bag です。かなりの量が入ります。
anylock02.jpg

3.袋を「やまおり」にして
anylock03.jpg

4.Anylock という密封ジッパーのガイドを突き刺し
anylock04.jpg

5.「通すだけ」で密封完了です。
anylock05.jpg

6.あとは基本的に湿度が低い冷蔵庫に入れておけば
 かなりの間しけることなくおいしく召し上がれます。
anylock06.jpg

Ziplock とかでもいいんですけど、あれ、密封するのに結構手間がかかるので
(チャックをしめても入れ違ってしまいなかなか緑色になってくれない)
このAnylock の「やまおりにして通すだけ」っていう手軽な密封ジッパーを
お気に入りで使っています。

ダイエットとかしてる人でも、おやつは100Kcal くらいは取りたいですから
適切に保存が可能な自分にあったジッパーを用意して、100Kcal を目安に
おやつを召し上がるといいですよ。イライラしなくなりますし。
しけらなければ、しばらくはおいしくいただけますしね。

このAnylock あまりスーパーとかでは売られていないので
Amazon とかで買うのが送料無料でいいです。


長さが2号・3号・4号・5号とあるんですが
2号は、お米の5kg の袋とか綴じれます。
3号はポテチの袋とか綴じれます。
4号はレトルトの袋とか綴じれます。
5号は10センチと短いので、ナナメ刺しして使うのに向いてます。

管理人は2.5kg のブランド強力粉を数種類買ってるので
強力粉の品名のシールが貼ってあるままの袋をAnylock で綴じて
冷蔵庫で保管するんで、2号サイズを愛用しています。


茶のしずく石鹸問題「小麦粉食品だけがアレルゲンとは限らない」

茶のしずく石鹸が元でアレルギー症状を起こしたとして
以前ニュースになりましたが。

そもそもこの石鹸の何が原因でアレルギー症状が出たかというと
原料に小麦粉由来の材料を使っていたからです。
基本的にどんな製品でもパッチテストや、そのほか各種テストを行ってから
製品の発売を行うわけですが、小麦粉アレルギーを持った被験者がいなかったのか
アレルギー反応とこの石鹸とが直接結びつけられる要素がなかったのかもしれません。
少なくとも被験段階では。
(仮にアレルギー反応が出ていたとしても、小麦粉なんて身の回りにあふれてますよね?
 醤油の原料に小麦粉が含まれているのはご存じでしょうか。
 また、同じ工場内で小麦粉を使われていたというだけで、小麦粉を全く使っていない食品も
 アレルゲンになる可能性があります)

さて、長くなりましたが。

そんなにたくさん売れなければここまでニュースになることもなかった
茶のしずく石鹸ですが、良いのか悪いのかたくさん売れてしまったので
小麦粉アレルギーをもった方が使う機会が出てしまいました。
それまで問題なく暮らしていたのに、この石鹸を使うようになってから
急にアレルギー反応が出るようになったわけです。
そりゃ販売元に問い詰め、ちょっとした悪い話題としてニュースに発展してしまいました。

とはいえ、もともとそれだけ売れていた石鹸です。
販売元がアレルゲンである小麦粉由来の材料を抜いた石鹸をきちんと
販売しはじめました。
アレルギーを持っていない人でも、安心して使えるようにと
小麦粉由来の材料が含まれている茶のしずく石鹸については
無償で現在の茶のしずく石鹸に交換、あるいは返品に応じてくれるそうです。

現在茶のしずく石鹸を使ってる人は、製品のロットナンバーがわかる状態で
下記URLをクリックして開いてください。
安心して使える石鹸かどうかがわかります。
http://www.yuuka.co.jp/info/rcl_target_check.action

家庭の化学

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。